読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阿佐飯

阿佐の飯に関するあれこれ

『プリンチトースト』の方が、プリン感が強くていいのではないか

 

f:id:asanoasameshi:20170428120212j:plain

 

グリコいわく、『プレンチトースト』なるものを作りました。

 

先日Twitterにて、プリンの上にグラニュー糖をまぶし、そこに熱したスプーンを当ててなんかいい感じにするというツイートを見かけた。

「あ~これいいな~」と思いつつリプライツリーを眺めていたところ、「プリンを使ってフレンチトーストを作ると、美味い!!」という話も出ていたので、「ははぁん、こいつぁさしずめプリンチトーストと言ったところか」とGoogle検索してみると、大正義グリコ様いわく、『プレンチトースト』が正しい(?)らしい。

 

web.pucchin.jp

 

……まあ、うん。確かにね、プリンチトーストってなんか、語感が気持ち悪いですよね。言われてみるとね。わかるよ。

聖典クックパッドにも一応プリンチトースト派のレシピはあったのだが、3品だった。悲しい。他方、大正義グリコ様提唱の正式名称であるプレンチトーストともなれば、もっと大量のレシピが存在するのだろう……と調べてみたら、3品だった。ダメじゃん。普及してねぇ。

まあ案の定、「プリン フレンチトースト」で調べると200品あったので、だよな!そんなもんだよな人生!な!って気持ち。

 

そんなプレンチトースト、雑だけど作ってみたので、写真とともにレシピをば。

 

 

◎材料(1枚分)

食パン 1枚
プリン 1個
(今回は前述のプッチンプリンを使用。別のプリンを使うとまた違った味になったりするのかもしれない。好きに試されたし)

 

◎作り方

  1. フライパンにプリンを半分入れて、溶けるまで加熱する。(弱~中火)

    f:id:asanoasameshi:20170428120238j:plain

    うん、まあ、こういうことなんですけど、シュールだなこの画。

  2. プリンが溶けたら、食パンを入れてプリン液(?)を染みこませる。十分染みこんだところで、もう半分のプリンをパンの横に入れて溶かし、反対の面にも染みこませていく。

    f:id:asanoasameshi:20170428120259j:plain

    上に貼ったグリコ推奨のレシピでは、あらかじめプリン液をパンに染みこませてから焼くパターンになっている(フレンチトーストに近いやり方だと思われる)。どちらでも良いと思うのだが、洗い物が少なくなるという点では、こちらの雑な作り方に利があると言っていいのかもしれない。味の染みこみ方では分が悪いと思う。わかりませんが。
    ちなみにプリンを溶かすとき、めっちゃ甘い匂いが漂いまくるので、換気扇をつけておくことをおすすめします。

  3. すこし火を強めて、パンに焼き色をつけていく。焦げるのが心配な人は火力は弱めで安定させ、煙が出てきたら頻繁に裏面を確認すると良い。好みの焼き加減になったら火を止め、皿に盛り付けて完成です。

 

f:id:asanoasameshi:20170428120219j:plain

おお……見た目が完全にフレンチトーストのそれだ……。

 

味についてですが、思った以上に甘さ控えめで良い感じです。匂いが甘ったるいので味も甘ったるいのかと思っていたが、想像より優しめの甘さでなかなか美味しい。

この料理の良いところは、なんと言ってもお手軽さ。プリンをフレンチトーストの素として使うような料理なので、卵だの牛乳だのを混ぜる手間が一切必要ない。忙しい朝でも手軽に作れて、なおかつ美味い。誠にハイクオリティなレシピだと思います。

味は当然プリン味になるのだが、言うほど「プリン!!」という印象もないので、いろいろアレンジの余地もありそうな料理である。さすが大正義グリコ。やるね~。

 

 

以上です。

それはそれとして聞いてほしいんですが、『プリンチトースト』の方がプリン感が強くてよくないですか?